卒業後の進路
HOME >

卒業後の進路

鍼灸国家試験合格の先を見据える。私たちには当然の結果。すでに独立開業者も!

中野健康医療専門学校は、まだ3期目の卒業生を輩出したばかりの新設校ですが、すでに独立開業を実現!本校が実施してきた「鍼灸師として自立すること、健康医療人として自立すること、を意識しながら学ぶ」ということと、ご本人たちの努力が早くも実を結びました。

これから、様々な壁に当たることもあるかと思いますが、彼ら、彼女らが今後、「自立した鍼灸師」、「自立した健康医療人」として活躍できるよう、最大限のサポートをしてまいります。また、その他の卒業生のみなさんも全員無事就職し、将来の開業鍼灸師を目指して、鍼灸師としてのはじめの一歩を踏み出しました。

さて、今年卒業してまだ間もないうちに独立開業を果たした4名の卒業生。彼らはいったいなぜ、そんなことができたのでしょうか。その横顔と共に、在学中の勉強に対する姿勢などを紹介したいと思います。

ほとんどの方が、鍼灸+αで開業
  • Aさん、20代の女性。もともとスポーツインストラクターだった方で、鍼灸の国家資格とそのスキルをビジネスのセールスポイントとしています。鍼灸のできるスポーツ・トレーナーとして開業しました。
  • Bさん、50代の女性。お知り合いの整体師との共同経営という形で治療院を開業しました。症状やお好みに合わせて施術が選べる治療院として好評です。
  • Cさん、アロマの資格を所持していた方で、鍼灸と合わせた独自の治療をご自宅の一部を活用して行っていらっしゃいます。
  • Dさん、30代の男性。今回独立開業した中では比較的スタンダードな鍼灸専門院として、開業されました。

4人の横顔をみると、やはり鍼灸と他の施術を合わせることで独自性を追求するケースが多いようです。国家資格である鍼灸の認知度と信頼性をひとつのセールスポイントとして打ち出す。そんな観点がみえてきます。

在学中からどん欲に情報収集と人脈づくり

4人の在学中の姿勢には目を見張るものがあったようです。本校から提供する独立開業に関する情報をどん欲に吸収し、自らも積極的に情報収集されていました。また「もっと知りたい」「もっと人脈をつくりたい」と意欲的に教員陣に質問をされていました。そんな姿勢が実を結び、ほとんどの方が在学中に独立開業への足がかりをつくっていました。

また、本校では外部の有名トレーナーを招く特別講義や実習なども多く実施されます。そうした機会を絶好のチャンスと捉えた4人は先生と積極的に交流を図り、人脈を広げるなど、頑張っていました。実習で人一倍頑張るタイプでしたので、実習先からも厚い信頼を寄せられる。そんなケースが多々ありました。

在学中から、国家試験の合格だけでなく、その先の独立開業まで意識して過ごしている方々は、受験勉強に対するモチベーションも高く、結果的に高い確率で合格します。

国家試験の合格をゴールとする専門学校が多い中、本校では、資格取得を鍼灸師としてのスタート地点と見定めています。スタートから先の独立開業を見据えて日々頑張れる環境を整え、ご紹介した4人のような卒業生をより多く輩出したいと思います。国家試験合格というスタートラインから独立開業、そしてその先の長い人生へ、しっかりと支援していきます。

卒業後、独立開業までを徹底的に支援!

独立開業

鍼灸師を目指す方にとって、将来の夢として最も多いのは独立開業です。しかし、前述の方々のように卒業後すぐに開業するのはやはり難しい面もあります。まずは、治療院などに就職し、開業計画を模索しながら経験を積んでいくケースが目立ちます。本校は、実際に開業されている現役の鍼灸師の教員が多く、気軽に相談することが可能です。経験しないとわからない様々な生きた情報を得るチャンスとなります。卒業後の開業サポートも行いますので安心です。

また、就職に関しても「スポーツ・トレーナー養成コース」「アロマセラピスト養成コース」「医薬品登録販売者養成コース」と、社会的ニーズの高いスペシャリスト養成コースの受講を選択することができるため、卒業後の就職先もより幅広い分野に及びます。

鍼灸が活用されるスポーツの現場や美容関連など、社会的ニーズの高い選択コースを開設。これらの知識や技術を学びながら、在学中に資格取得が可能。卒業後の就職先もより幅広いフィールドへ広がります。

独立時必読の書 開業虎の巻「鍼路証」開業鍼灸師のバイブル「鍼路証」とは!?
平成29年度 第2期 鍼灸師卒後臨床研修 主催:中野健康医療専門学校
中野健康医療専門学校 お問い合わせTEL : 0120-997-790 FAX : 03-5342-1791〒164-0001 東京都中野区中野2-20-3
スマートフォンサイト