鍼灸体験談
HOME >

鍼灸体験談

久志 麻理奈 さん 会社員

初めて鍼灸治療を受けたのはいつですか?
7~8年前に知人の紹介で松井先生(本校学科長)を紹介していただき、鍼灸治療を受けるようになりました。当時ひどい外反母趾に悩まされていたのですが、松井先生の治療のおかげで今はとても良くなりました。また、5~6年前から、前職が美容系の仕事をしていたという事もあり、その勉強をかねて美容鍼を受けています。
鍼灸治療を受けてみて良かったことはなんですか?
身体の不調が出た時に、会話の中でなぜ不調になったのか、日ごろの生活習慣を話すだけで、その根本的な原因となりうる可能性を何点か指摘して頂けるのが、鍼灸治療の良いところだと思います。それは、ただ悪いところを治療するのではなく、心や身体全体を診ていただけるからこそできる事です。また、不調の原因を教えていただく事で、自分で体調管理をすることができます。
良くなかったことはなんですか?
鍼灸について、マイナスなイメージは持っていません。私が鍼の刺激が好きだからかもしれませんが、例えば治療の次の日に身体がものすごくだるくなる事があります。それは身体に刺激が入っているからこそ出る反応なので、それをマイナスに思う事はありません。強いて言えば、その「だるさ」が、マイナス面でしょうか・・・。身体の素直な反応なので、「身体ってすごいな!!」と、感じる気持ちの方が大きいです。
これからの鍼灸治療に何か求める事はありますか?
治療院での鍼灸だけに留まらず、スパやエステなどの落ち着いた空間や施設の中で鍼灸や美容鍼があったらすばらしいなと思います。スパのような施設のメニュー(プログラム)の中に、鍼灸治療・美容鍼が組み込まれている事で、オイルマッサージの後に鍼灸・・・というような、流れの中で自然に鍼灸受ける事ができるため、治療を受けてもらいやすくなるのではないかと思います。
これから鍼灸師になる方へのメッセージを一言
私は本気で鍼は世界を救うと思っていて、前職で美容関係の仕事をしていた時に、お客様の身体に触れる事で私自身が色々な事を感じとってきました。鍼灸も同じく身体を通して心で会話のできる治療です。心と身体は一つなんですね。鍼灸を通して沢山の人に触れることで、お客様ひとりひとりの心と体を熟知してほしいです。そうする事で、心と心で会話ができるようになりますよ。探究心を持って、治したいという気持ちを大切にできる鍼灸師になってほしいと思っています。

菊田 早苗 さん グラバカジム総合格闘技選手

初めて鍼灸治療を受けたのはいつですか?
かなり前ですね。8年位前でしょうか。
知人の紹介で、鍼灸治療受けるようになりました。現在は週に1回通っています。松井先生(本校学科長)に治療をしてもらっています。
鍼灸治療を受けてみて良かったことはなんですか?
私は首が悪くて、今まで色々な治療をしてきましたが、指圧などのマッサージでは届かない所でも、鍼だと奥まで届くので、鍼はとてもいいですね。治療後も何日も効果が続きますし、緊張が無くなり楽になります。鍼でも治らなかった時には、もう手術かな?と思うくらいです。また、松井先生は、「効かせる所」にきちんと打ってくれるので、とても気持ちがいいです。他の先生には伝わりづらいことでも松井先生には伝わるので、本当に治療は人によってやり方が違うなと感じます。
良くなかったことはなんですか?
先ほども言いましたが、鍼は治療をする人によって違いますね。浅くたくさん鍼を打って治療する先生もいますが、私にはそのやり方ではあまり効きません。また、治療した時に、「良くなったでしょ?」と、結果を押し付けてくる先生もいるので、きちんと体の事を理解してくださる先生がいいですね。松井先生は、あまり良くならなかった時に、「今日はあまり良くならなかった」と伝えると、次の時までに治療方針を考えてきてくれます。治療に対してとても研究されていますね。
これからの鍼灸治療に何か求める事はありますか?
体の構造や仕組みを、全体的に理解して治療をしてほしいと思います。沢山勉強してほしいです。また、鍼灸だけでなく他の事もできるといいですね。例えば手技であったり、鍼では出来ない事もやってもらいたいです。そしてどんなに技術がある人でも資格がないと鍼を打てないので、まずは資格取得をしてほしいです。
これから鍼灸師になる方へのメッセージを一言
スポーツ選手や、一般の患者さんなど、幅広く治療に携わってほしいですね。私の様に激しいスポーツをしている選手の怪我を診られるようになれば、一般の患者さんも診ることができますから。そして鍼灸だけでなく、他の資格も取得される事が望ましいと思います。スポーツ・トレーナー養成コースでは手技も勉強できるということなので、是非勉強してほしいです。
武藤 正樹 さん 東洋大学レスリング部 2年生[成績]県大会 3位
初めて鍼灸治療を受けたのはいつですか?
高校3年生の終わり頃、左半面麻痺になり最初は色々な病院で診てもらっていたのですが、良くなりませんでした。そんな時、知り合いに勧められたのが「鍼灸」でした。
鍼灸治療を受けてみて良かったことはなんですか?
それまでは、病院(西洋医学)に通っていたのですが、全く回復が出来ずにいました。一方、鍼灸治療を受けてみたら自分の場合、3、4回もしない内に顔の神経が動くようになり、1ヶ月近くで元の状態になり今では後遺症もありません。
これからの鍼灸治療に何か求める事はありますか?
初めて鍼灸治療に行ったとき、鍼灸師さんの丁寧さに感動しました。また、中野健康医療専門学校に見学に来たとき教員の方から「手当て」という言葉の由来を聞きました。直接に触れてもらった安心感や信頼感といったことがとても大切なのだと思いました。
これから鍼灸師になる方へのメッセージを一言
鍼灸師の資格取得までには金銭面や時間、学業など大変な道のりだとは思います。ですが、鍼灸師という資格にはそれだけの価値があり、とてもやりがいがのある仕事だと思います。
山田 龍誠 さん 東洋大学レスリング部 2年生[成績]インターハイ 3位東日本学生新人戦 3位
初めて鍼灸治療を受けたのはいつですか?
高校3年生の時に鼻炎の治療で初めて鍼灸を受けました。
鍼灸治療を受けてみて良かったことはなんですか?
薬と違って外部からの治療なので新鮮な感覚で受けることが出来ました。また、効果もとても感じることが出来ました。
これからの鍼灸治療に何か求める事はありますか?
鍼には痛いというイメージや、実際に打たれる前には少し緊張してしまう事もあります。体は勿論ですが、気持ちもリラックスして治療を受けることが出来たらもっと需要が増えると思います。
これから鍼灸師になる方へのメッセージを一言
私はスポーツ選手なので医療人にはとてもお世話になっていいます。特にトレーナーになりたい方には、即効性のある鍼灸はとても向いていると思います。
中野健康医療専門学校 お問い合わせTEL : 0120-997-790 FAX : 03-5342-1791〒164-0001 東京都中野区中野2-20-3
スマートフォンサイト