スペシャリスト養成コース
HOME > スペシャリスト養成コース >

医薬品登録販売者養成コース

医薬品や漢方薬の正しい知識を身につけて、活躍の場を広げよう!!

医薬品販売店への独立!! 就職!!多くの学生たちから注目されるスペシャリスト養成コース

登録販売者とは、一般用医薬品の効能やリスク(副作用)などの情報を提供しながら医薬品の販売ができる資格です。薬剤師以外の新たな専門職として以前から注目されていたのですが、2009年より国家資格制度がスタートしたことで、その存在がさらにクローズアップされるようになってきました。

中野健康医療専門学校では、そうした潮流にいち早く対応して、登録販売者の資格取得を目指すスペシャリスト養成コースを設けています。鍼灸の知識と技術をベースに、薬の専門知識を学ぶことができる「医薬品登録販売者養成コース」は、資格取得後に薬店やドラッグストアなど、様々な医薬品販売店への就職や開業も可能です。さらに、鍼灸師に必要な漢方医学・漢方薬の知識を身につけることで、登録販売者と鍼灸師双方の業務を深く理解できます。将来治療院の開業時にも役立つ資格であるため、多くの学生たちから熱い視線を集めています。

また、登録販売者は実務経験が必要なため、中野健康医療専門学校ではアルバイト先の医薬品販売店の紹介や相談も行っていますので、安心して受講できます。

なぜ今、登録販売者が人気なのか?

今、学生・社会人から人気となっている登録販売者。その理由のひとつが、登録販売者の資格をもつことで、ほとんどの薬を取り扱うことができること。薬は、薬局・薬店からドラッグストアへ、さらにコンビニなど、そして今後はネット販売も含め、ますます取り扱われるフィールドが拡大していくことが予想されています。それだけ活躍の場が広がり、独立開業時の差別化になることでしょう。薬剤師と比べても資格取得の壁は低く、今、注目の資格なのです。

「鍼灸+登録販売者」で差別化、開業を見据えた教育を。

中野健康医療専門学校が、独自のスペシャリスト養成コースを設けているのは、開業した時のことを見据えているからです。今、あらゆる分野で少子化によるマーケットの縮小が問題となっています。鍼灸治療院も同様です。これからは、鍼灸に何かの要素をプラスして差別化を図ることが大切だと考えているのです。例えば登録販売者だったら漢方薬が扱えるので、鍼灸の施術と共に漢方薬を販売するといったモデルを思い描くことができます。漢方だけでなく、市販の薬を扱い売場スペースの一角を地域のコミュニティの場としてもいいでしょう。鍼灸を土台とした新しいビジネススタイルの創造。そんなサポートも行いたいと考えています。
[卒業支援強化策第3弾]応援します!あなたの未来!あなたの可能性!スペシャリスト養成コース無償化決定(※)!※2017年度入学者からの適用となります。  ※無償化するのは受講料のみとなりますので、実費は各自負担となります。
中野健康医療専門学校 お問い合わせTEL : 0120-997-790 FAX : 03-5342-1791〒164-0001 東京都中野区中野2-20-3
スマートフォンサイト